• プレスリリース

稼働済み太陽光発電所を対象とする再生可能エネルギーファンドへの出資について

京葉ガス株式会社(所在地:千葉県市川市、代表取締役社長:羽生 弘、以下京葉ガス)と京葉ガスエナジーソリューション株式会社(所在地:千葉県市川市、代表取締役社長:吉岡 比呂志、以下京葉ガスエナジーソリューション)は、株式会社Looop(所在地:東京都台東区、代表取締役社長:中村 創一郎、以下Looop)と、稼働済み太陽光発電所を投資対象とするファンド「こもれびファンド1号」に出資いたします。

こもれびファンド1号

こもれびファンド1号

京葉ガスはグループ会社とともに、“オール京葉ガス”として脱炭素社会の実現に貢献するため、太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギー電源の開発・投資を推進してまいります。
その取り組みの一つとして今般、Looopの完全子会社である株式会社Looopコミュニティ(以下Looopコミュニティ)が組成する国内の太陽光発電所を投資対象とするファンド「こもれびファンド1号」に出資いたしました。
本ファンドは、京葉ガス・京葉ガスエナジーソリューション・Looopが出資参画し、最長20年間の運用を予定しています。今後、2023年3月までに順次追加組入を行い、資産総額累計50億円での運用を計画しています。

本ファンドの概略スキーム図

こもれびファンド_概略スキーム図

こもれびファンド_概略スキーム図

≪こもれびファンド1号の概要≫

名称 こもれびファンド1号
匿名組合員 京葉ガス株式会社
京葉ガスエナジーソリューション株式会社
株式会社Looop
私募取扱業者/アセットマネージャー 株式会社Looopコミュニティ
組成期間 2021年9月~2023年3月
適用期間 最長20年間
投資対象 日本国内の稼働済み太陽光発電所
ファンド規模 資産総額50億円(予定)

≪初回組入アセット概要≫

事業用地 発電能力 発電開始時期 売電先
群馬県前橋市(約0.9ha) 788.4kW 2017年3月 東京電力エナジーパートナー株式会社
岡山県倉敷市(約6.9ha) 2,256.48kW 2017年1月 中国電力株式会社
広島県三次市(約1.3ha) 1,023.36kW 2017年3月 中国電力株式会社
事業用地:群馬県前橋市(約0.9ha) 発電能力:788.4kW
発電開始時期:2017年3月
売電先:東京電力エナジーパートナー株式会社
事業用地:岡山県倉敷市(約6.9ha) 発電能力:2,256.48kW
発電開始時期:2017年1月
売電先:中国電力株式会社
事業用地:広島県三次市(約1.3ha) 発電能力:1,023.36kW
発電開始時期:2017年3月
売電先:中国電力株式会社

PDFファイルはこちら