パラボラ工法

パラボラ工法
(マンホール修繕工法)

OVERVIEW概要

パラボラ工法とは、マンホール鉄蓋や、その周辺舗装の維持修繕工法です。
円形切断用路面カッターに円形球面状のダイヤモンドブレードを取り付け、鉄蓋上に360度回転して表面円形に切断し、無収縮モルタルを使用してマンホールの維持修繕作業を行います。
耐久性が高く仕上がりの美しい鉄蓋補修を、短時間で施工できます。

切断
切断
モルタル充填
モルタル充填
完成
完成

FEATURES特徴

耐久性の高さ

密着性の強さ

円球状の切断エッジは接着面積が広く、摩擦抵抗が分散される為、通行車両の荷重に確実に耐えられます。

密着性の強さ
画像出典:パラボラ工法とは – 全国パラボラ工法協会

環境への配慮(SDGs)

工事工程、工事期間の削減、短縮

単体移動が可能な円形切断用路面カッターを用いるパラボラ工法は、交通規制範囲を狭められ、短時間での施工が可能です。
・1箇所を3時間以内に施工可能です。
・機械が小型であり、交通規制範囲を最小限にすることができます。
・モルタルは悪条件下でも、1時間後に交通開放が出来る圧縮強度に達します。

交通規制範囲
画像出典:パラボラ工法とは – 全国パラボラ工法協会

騒音の軽減

パラボラ工法は、環境重視の静音工法です。
・切断時間は10分前後です。
・ブレードは基盤に静穏特殊素材を使用し、冷却水も最小限に抑え環境に考慮しています。

補修面との一体化

パラボラ工法は切断面が円形で見た目に良く、上部からの力を分散させるので、補修面と一体化する恒久的施工が可能です。
・補修箇所のフラット仕上げが容易であり、車両の通行の騒音を抑えることができます。
・大型コアボーリングマシンで施工できない坂道施工も、軽車両が通行できる道路であれば可能です。

parabora2
parabora8

SPECIFICATION当社での
施工事例

円球状パラボラブレード

鉄蓋の大きさや在来舗装の傷み具合の範囲に対応出来るように、豊富な切断径が存在します。

円球状パラボラブレード
最少切断径⌀700~最大切断径⌀2100
円球状パラボラブレード
⌀2100

(1) 切断

parabora14.jpg
舗装切断状況 パラボラカッター SPX使用
parabora15.jpg
舗装切断完了 周囲がひび割れています

(2) モルタル充填

parabora16.jpg
無収縮モルタル充填
parabora17.jpg

(3) 完成

parabora18.jpg
施工中 表層 転圧
parabora18.jpg
施工後 マンホール周りの修理に適した工法です
  

円形以外の、特殊な形状での施工も可能です。

parabora20.jpg
⌀1800
parabora20.jpg
⌀1500+⌀2100
  

資格・許可

当社は、全国パラボラ工法協会の「特別会員」となっております。

  • 工法を正しく理解して全工程を施工いたします。
  • 切断作業のみは行いません。
  • 共通な資材を用い、均一施工を行います。
  • 表層材は全国自治体の仕様に対応いたします。

主な取引先

  • 千葉県 様
  • 市川市 様
  • 京葉ガス株式会社 様
  • 民間各社 様

RELATED PRODUCTSガス工事関連
技術開発品

商品開発・販売一覧に戻る